Wancher Voyage

PHAM CHINH TRUNGのソンマイ

Section

Pham Chinh Trung
(ファム チー チュン)

今回のソンマイ万年筆製作にあたり、私たちは幸運にも50年以上に渡りソンマイに携わってきたPham Chinh Trung氏にお会いすることが出来ました。

・ベトナム・ハノイ生まれ
・ソンマイ画家として50年の経験を重ねる
・1978年:ハノイ工業美術大学卒業
・ハノイ工業美術大学美術ソンマイ学部元教授
・1993年、1995年、2003年、2008年にソンマイ絵画の個展を開催
・Business Insiderの「Why Sơn Mài Painting Is So Expensive」で紹介されました

Pham Chinh Trung氏は有名な画家であるにもかかわらず、私たちを快く迎えてくださり、ソンマイという芸術について詳しく教えてくださりました。

Pham Chinh Trung氏によるとソンマイには、アーティストによって独自のルールがあり、それはアーティストの技術や経験によって様々であるそうです。しかし、ソンマイの完成は「運」も非常に重要なのです。

ソンマイは最終的に塗り重ねた漆を削ることで絵が生まれます。そのため、経験豊富なアーティストであっても、「運」によって描いていたイメージよりはるかに素晴らしいものになることもあれば、逆に最初からやり直すこともあります。ソンマイの漆芸術を極めるためには、技術の習得だけでなく長い時間をかけて作品を仕上げるための強靭な忍耐力も必要とされます。

Pham Chinh Trung氏の作品の磨く前と磨いた後

Pham Chinh Trungのソンマイ

エボナイト素材の万年筆をベースに、ベトナムのソンマイアーティストPham Chinh Trung氏が手掛けたドリームペン・ソンマイ。

Pham Chinh Trung氏にとって万年筆にソンマイを描くことは、これまでの大きなキャンバスに描くことよりもはるかに難しく、挑戦的な試みでした。しかし、何ヶ月もの時間と工程を経て完成した筆記具という作品を通して、ベトナムの伝統的な芸術や職人技の美しさを伝えることは、とても興味深く、やりがいのある経験となりました。

コレクション:ベトナムの風景

ベトナムの土地の空気や風景、そしてそこに住む人々といった、ベトナムの美しい風景を象徴的なモチーフで表現しています。

Section

「ワンチャーボヤージュ」ページに戻る

「ワンチャーボヤージュ・ベトナム」ページに戻る

10月5日正午より販売開始

PHAM CHINH TRUNGのソンマイ