株式会社ワンチャーがパリに進出!万年筆を販売

株式会社ワンチャーは、質の高い万年筆を製造・販売している日本のブランドです。インターネットを通じて多くのお客様に支持されているワンチャーですが、実店舗を持たないため、直接お客様に製品を手に取っていただく機会を大切にしています。これまでにも、デトロイト・ペンショーや東京の文具女子博などの有名なイベントに参加し、多くの万年筆愛好者と触れ合う機会を持ちました。

この度、ワンチャーは日本発でパリを拠点とする会社、Sas Enisと協力し、パリの中心地にあるMaison Waにて長期間にわたり出品することとなりました。この出品では、ワンチャーの人気商品や美しい万年筆の数々を実際にご覧いただけます。

ワンチャーの万年筆の特徴

ワンチャーの万年筆は、職人の手による丁寧な作りと美しいデザインが特徴です。特に、伝統工芸の技術を活かした製品が多く、高品質の素材を使用しています。例えば、漆塗りや蒔絵といった日本の伝統的な技法を取り入れた万年筆は、実用性と芸術性を兼ね備えています。これらの万年筆は、書き心地にもこだわり、初めての方から長年の愛好者まで、どなたでも満足いただける製品となっています。

ワンチャーの使命

ワンチャーの使命は、日本の伝統工芸を世界中に広めることです。今回の出品もその一環として行われています。特に、ヨーロッパ、そしてフランスでの認知度を高めるために、パリに拠点を持つSas Enisとのコラボレーションが実現しました。日本の美しい伝統工芸を取り入れた万年筆を通じて、多くの人々にその魅力を伝えたいという強い思いがあります。

出品情報:

  • 場所: Maison Wa (パリ)

  • 主催: 株式会社ワンチャー & Sas Enis

パリにお住まいの方や観光で訪れる予定のある方は、ぜひこの機会にMaison Waにお立ち寄りいただき、ワンチャーの万年筆の魅力を直接体感してください。伝統工芸の技術と現代のデザインが融合したワンチャーの万年筆は、書く楽しさと美しさを提供します。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

← 前へ



コメントを残す