象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
象嵌 桜の川・漆・黒 Fountain Pen - Wancher ワンチャー

¥ 50,000 JPY

象嵌 桜の川・漆・黒

ドリームペン『桜の川-桜川』は、象嵌/ゾウガンと呼ばれる日本の伝統芸術で手作りされています。「象(ゾウ)」は「かたどる」、「嵌(ガン)」は「はめる」という意味で、一つの素材に異なった素材を嵌め込む技法のことを言います。マザーオブパールの層を手作業でカットし、熟練した職人の繊細な技でエボナイトペン本体に埋め込まれます。桜の花びらが水に落ちている日本の春の美しい景色を表現したドリームペン『桜の川-桜川』は、筆記具の形で伝統芸術を称えます。日本のヴィンテージ素材「エボナイト」と日本の輪島で作られた伝統的な「漆」の芸術で『象嵌』の美しさを存分にお楽しみください。

何ヶ月もの制作を経て、ようやく私たちの職人がドリームペンで「象嵌 桜の川」を完成させました。これは誠エボナイト万年筆に、日本の伝統芸術である美しい「象嵌」を施しています。オリジナルデザイン「桜と時の川」からひらめきを得て、象嵌の職人が手作業で研磨して絹のような仕上がりになる誠エボナイト万年筆で再現しました。桜の花びらが水に落ちている日本の春の美しい景色を感じてください。 首軸のデザインが2パターンあります。 桜川1:桜グリップ / 桜川2:ストライプグリップ 素晴らしい万年筆を使えば、たくさんの美しいものや素晴らしいアイデアを書くことができます。そしてそこから、多くの良いことが来ると信じられています。 私たちのドリームペンで、多くの夢が書かれ、実現することを願っています。

エボナイトは、耐久性があり、温かく、高級感のある手書きの天然ゴムから作られた素晴らしい素材です。エボナイトは、もともと20世紀初頭に万年筆を作るために使用されていました。しかし、生産が複雑であるため、後に多くの製造業者が放棄し、さまざまなプラスチックを使用するようになりました。 今回、伝統的なペン製造へのオマージュとして、すべてのペンの素材にエボナイトを復元できることを光栄に思います。

日本の伝統的な漆 象嵌で手作りされる前、すべてのペンは輪島職人の手によって描かれています。漆の万年筆の作成には、この芸術品が最も美しい仕上がりになるように少なくとも3か月以上かかります。

ペン先 万年筆で最高のライティング体験ができると確信しています。 ドリームペン-象嵌には、#6ステンレススチールからWancherオリジナル 18Kゴールドニブまで、さまざまなペン先が用意されています。 フィード 滑らかなペン先は、最高のパフォーマンスを得るために適切なフィード(ペン芯)が必要です。万年筆には標準のプラスチックペン芯が付属しており、最も快適な筆記体験をお約束します。 よりスムーズな書き込みとウェットなインクフローが必要な場合は、エボナイトペン芯へのアップグレードが最適です。 黒と赤の2色があります。 インク吸入機構 最も便利でお手入れしやすい機構:コンバーターとカートリッジの両用式。

万年筆は、伝統的で曲線の美しいのシンプルな葉巻型をしたミニマルなデザインです。 私たちの万年筆は、あなたの手に最適な重さとバランスでデザインされています。 そのため、常に快適な筆記を味わうことができるのです。 コンパクトな気密キャップ インクの乾燥を防ぐ気密キャップです。気密性があり、ペン先を乾燥から守ります。

伝統的な日本製木箱+ペン着物+取扱説明書+保証書+コンバーター+カートリッジ

ペン先 : Jowoステンレス ・Wancher18金 極細(EF)、細字(F)、中字(M)、太字(B) 機構 : カートリッジ・コンバーター両用式 材質 : エボナイト 長さ : 156 mm (未使用時)/132 mm(筆記時) 太さ : 15 mm/17 mm(最大) 重さ : 22 g

象嵌

ドリームペン『桜の川-桜川』は、象嵌/ゾウガンと呼ばれる日本の伝統芸術で手作りされています。「象(ゾウ)」は「かたどる」、「嵌(ガン)」は「はめる」という意味で、一つの素材に異なった素材を嵌め込む技法のことを言います。マザーオブパールの層を手作業でカットし、熟練した職人の繊細な技でエボナイトペン本体に埋め込まれます。桜の花びらが水に落ちている日本の春の美しい景色を表現したドリームペン『桜の川-桜川』は、筆記具の形で伝統芸術を称えます。日本のヴィンテージ素材「エボナイト」と日本の輪島で作られた伝統的な「漆」の芸術で『象嵌』の美しさを存分にお楽しみください。

ドリームペン象嵌『桜の川-桜川』

何ヶ月もの制作を経て、ようやく私たちの職人がドリームペンで「象嵌 桜の川」を完成させました。これは誠エボナイト万年筆に、日本の伝統芸術である美しい「象嵌」を施しています。オリジナルデザイン「桜と時の川」からひらめきを得て、象嵌の職人が手作業で研磨して絹のような仕上がりになる誠エボナイト万年筆で再現しました。桜の花びらが水に落ちている日本の春の美しい景色を感じてください。 首軸のデザインが2パターンあります。 桜川1:桜グリップ / 桜川2:ストライプグリップ 素晴らしい万年筆を使えば、たくさんの美しいものや素晴らしいアイデアを書くことができます。そしてそこから、多くの良いことが来ると信じられています。 私たちのドリームペンで、多くの夢が書かれ、実現することを願っています。

素材:エボナイト

エボナイトは、耐久性があり、温かく、高級感のある手書きの天然ゴムから作られた素晴らしい素材です。エボナイトは、もともと20世紀初頭に万年筆を作るために使用されていました。しかし、生産が複雑であるため、後に多くの製造業者が放棄し、さまざまなプラスチックを使用するようになりました。 今回、伝統的なペン製造へのオマージュとして、すべてのペンの素材にエボナイトを復元できることを光栄に思います。

日本の伝統的な漆 象嵌で手作りされる前、すべてのペンは輪島職人の手によって描かれています。漆の万年筆の作成には、この芸術品が最も美しい仕上がりになるように少なくとも3か月以上かかります。

書き味

ペン先 万年筆で最高のライティング体験ができると確信しています。 ドリームペン-象嵌には、#6ステンレススチールからWancherオリジナル 18Kゴールドニブまで、さまざまなペン先が用意されています。 フィード 滑らかなペン先は、最高のパフォーマンスを得るために適切なフィード(ペン芯)が必要です。万年筆には標準のプラスチックペン芯が付属しており、最も快適な筆記体験をお約束します。 よりスムーズな書き込みとウェットなインクフローが必要な場合は、エボナイトペン芯へのアップグレードが最適です。 黒と赤の2色があります。 インク吸入機構 最も便利でお手入れしやすい機構:コンバーターとカートリッジの両用式。

サイズと形状

万年筆は、伝統的で曲線の美しいのシンプルな葉巻型をしたミニマルなデザインです。 私たちの万年筆は、あなたの手に最適な重さとバランスでデザインされています。 そのため、常に快適な筆記を味わうことができるのです。 コンパクトな気密キャップ インクの乾燥を防ぐ気密キャップです。気密性があり、ペン先を乾燥から守ります。

パッケージ

伝統的な日本製木箱+ペン着物+取扱説明書+保証書+コンバーター+カートリッジ

詳細

ペン先 : Jowoステンレス ・Wancher18金 極細(EF)、細字(F)、中字(M)、太字(B) 機構 : カートリッジ・コンバーター両用式 材質 : エボナイト 長さ : 156 mm (未使用時)/132 mm(筆記時) 太さ : 15 mm/17 mm(最大) 重さ : 22 g


お問い合わせ・ASK A QUESTION