しずくガラスニブ万年筆


コンバーター式のガラスニブ万年筆

ワンチャーが2018年の夏に発売した『しずく万年筆』は「美しいデザイン」と「軽やかな筆記」を兼ね備えています。
注目点は、おおよそ1世紀ぶりに復活させた「ガラス・ニブ」を採用していること。

当初より、「ガラス・ペン」から「ガラス・ニブ」へのイメージ転換があり、ガラスニブ製造の技術は既に確立されていました。
さらに、ガラスニブ万年筆が1921年代には既に様々なデザインで国内メーカーによる国内外向け商品として世界中に輸出販売もされており、こうした状況を統合し新たな魅力をもったガラスニブ万年筆として創られたのが『しずく万年筆』なのです。

万年筆のようにカートリッジやコンバーターが使用できるガラスペン。
自宅ではつけペンとして、外出時はコンバーターに好きなインクを吸入し、
万年筆のように使うこともできる、ガラスペンと万年筆が融合したような夢の筆記具。