JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー
JAPAN BLUE<br>ジャパンブルー<br>限定オリジナル万年筆 Fountain Pen - Wancher ワンチャー

¥ 50,000 JPY

JAPAN BLUE
ジャパンブルー
限定オリジナル万年筆

出荷予定:8月下旬

今回ご紹介するのは、日本の伝統色である“藍”、地域企業のものづくりへの“愛”、地域商社の地域への“愛”を結集した特別な万年筆。

大分のものづくり企業が3年の研究開発期間を経て、「天然藍で彩色された革新素材」を開発。この素材を、大分県の地域商社であるOitaMade株式会社が熱い想いを胸に商品開発へと導きました。その想いが日本を代表する文房具メーカーであるセーラー万年筆の心を動かし、コラボレーションが決定。
これまでにない万年筆が誕生しました。

 

一般的な万年筆の中ではやや太めの軸径と金属素材、という重厚感のある見た目ですが、アルミ素材を使用しておりますので、比較的軽く、計算された重心バランスは、セーラーによる14金のペン先と合わさることで紙面をスルスルと滑るような筆記をお楽しみいただけます。

また、鍛金によって施された槌目と天然藍の表面加工は、光を受けることで
夜の海が月の光を受けて波打つように輝き、非常に目を惹く仕上がり。
そして、金属ボディならではのひんやりとした感触は、文字を書く前の時間を
落ち着いたひとときへと変えてくれます。

日記や手帳はもちろん、大切な方への手紙などを書く際に素直な気持ちを
表現させてくれそうです。

 

地方企業の情熱が生み出した奇跡の万年筆「JAPAN BLUE 万年筆」
この万年筆の誕生に大きくかかわったのは、大分県佐伯市にある精密板金加工を
得意とする株式会社長尾製作所。

長年の研究により開発された革新技術と、日本の伝統色である“藍”との融合により、これまで不可能と言われた金属への藍染加工を実現し、天然藍で彩色された
金属素材【INDIGO METAL】生み出しました。

アルミニウムの表面を酸化させ、腐食しにくくした「アルマイト」という金属の保護膜を作り、その保護膜の表面に無数に空いている10ナノメートルほどの小さい穴に染料を入れていく。アルミそのものを化学変化させているので、まさしく金属を染めあげた素材です。ペンを作る段階で生まれた筒状のサンプルを、爪でこすったり、軽く机などに打ち付けたりとしてみましたが、しっかりと色が定着しておりますので、

色落ちは見られません。

「JAPAN BLUE(ジャパンブルー)万年筆」のサイズは普通のプロフェッショナルギア万年筆より大きいです。

コラボレーション:株式会社ワンチャー、Oita Made株式会社、セーラー万年筆株式会社、株式会社長尾製作所

機構 : カートリッジ・コンバーター両用式

材質 : 天然藍染アルミニウム

ペン先: 14金 ロジウムメッキ  細字・F、中字・M

長さ : 133 mm (未使用時)/163 mm(筆記時)

太さ : 13 mm/15 mm(最大)

重さ : 45 g

付属品 : 専用特製ケース・保証書・説明書、コンバーター・インクカートリッジ2本

JAPAN BLUE(ジャパンブルー)について

今回ご紹介するのは、日本の伝統色である“藍”、地域企業のものづくりへの“愛”、地域商社の地域への“愛”を結集した特別な万年筆。

大分のものづくり企業が3年の研究開発期間を経て、「天然藍で彩色された革新素材」を開発。この素材を、大分県の地域商社であるOitaMade株式会社が熱い想いを胸に商品開発へと導きました。その想いが日本を代表する文房具メーカーであるセーラー万年筆の心を動かし、コラボレーションが決定。
これまでにない万年筆が誕生しました。

 

一般的な万年筆の中ではやや太めの軸径と金属素材、という重厚感のある見た目ですが、アルミ素材を使用しておりますので、比較的軽く、計算された重心バランスは、セーラーによる14金のペン先と合わさることで紙面をスルスルと滑るような筆記をお楽しみいただけます。

また、鍛金によって施された槌目と天然藍の表面加工は、光を受けることで
夜の海が月の光を受けて波打つように輝き、非常に目を惹く仕上がり。
そして、金属ボディならではのひんやりとした感触は、文字を書く前の時間を
落ち着いたひとときへと変えてくれます。

日記や手帳はもちろん、大切な方への手紙などを書く際に素直な気持ちを
表現させてくれそうです。

 

藍染アルミ万年筆

地方企業の情熱が生み出した奇跡の万年筆「JAPAN BLUE 万年筆」
この万年筆の誕生に大きくかかわったのは、大分県佐伯市にある精密板金加工を
得意とする株式会社長尾製作所。

長年の研究により開発された革新技術と、日本の伝統色である“藍”との融合により、これまで不可能と言われた金属への藍染加工を実現し、天然藍で彩色された
金属素材【INDIGO METAL】生み出しました。

アルミニウムの表面を酸化させ、腐食しにくくした「アルマイト」という金属の保護膜を作り、その保護膜の表面に無数に空いている10ナノメートルほどの小さい穴に染料を入れていく。アルミそのものを化学変化させているので、まさしく金属を染めあげた素材です。ペンを作る段階で生まれた筒状のサンプルを、爪でこすったり、軽く机などに打ち付けたりとしてみましたが、しっかりと色が定着しておりますので、

色落ちは見られません。

「JAPAN BLUE(ジャパンブルー)万年筆」のサイズは普通のプロフェッショナルギア万年筆より大きいです。

詳細

コラボレーション:株式会社ワンチャー、Oita Made株式会社、セーラー万年筆株式会社、株式会社長尾製作所

機構 : カートリッジ・コンバーター両用式

材質 : 天然藍染アルミニウム

ペン先: 14金 ロジウムメッキ  細字・F、中字・M

長さ : 133 mm (未使用時)/163 mm(筆記時)

太さ : 13 mm/15 mm(最大)

重さ : 45 g

付属品 : 専用特製ケース・保証書・説明書、コンバーター・インクカートリッジ2本

お問い合わせ・ASK A QUESTION