ライジングサン蒔絵

蒔絵は、金や銀の粉を蒔いて装飾を行う、漆工芸の代表的な加飾技法の一つです。文字通り蒔いて絵を描くことから「蒔絵」と呼ばれ、歴史は古く平安時代から続く伝統的な技法であります。
漆塗の温かくシットリとした肌の感触と、蒔絵の金・銀の冷ややかな感触は、軸を手にしたときに、素晴らしい調和をもたらします。万年筆の本体に描かれた蒔絵は、立体的な表情を持ち、どの角度から見てもとても美しい万年筆です。