誠蒔絵

蒔絵は、漆を用いて絵や文様を描き、金・銀の粉を蒔いた後、さらに磨き上げ、
芸術的な装飾を施す、高品質の漆技術の一つとして知られています。
漆塗りの温かくシットリとした肌の感触と、金・銀の冷ややかな感触のコントラストは、蒔絵に素晴らしい調和をもたらします。
万年筆に伝統工芸である蒔絵を施した「誠蒔絵」は、その立体的な美術描写が生み出す精緻さ、流麗さが魅力的な逸品です。

塗る

装飾を施すベースとなる美しい層を作るため、
万年筆の表面に日本産の漆がコーティングされています。

描く

何層もの漆を慎重に塗布した後、
万年筆に美しいデザインが描かれます。

蒔く

最も複雑な製造工程の1つに、「金粉蒔き」がございます。
蒔絵のデザインは、湿った漆の表面に金粉を散らすことで仕上げられるのです。

職人さん

"漆の品質を管理することは、人生設計をするようなものです。 情熱を傾けるほどに、素晴らしい作品を仕上げることができます。
しかし、いくら時間と努力を費やしても、芸術作品の価値は、最終的な仕上りによって左右されるのです。"