Worldwide Shipping

しずく万年筆
うらら

リミテッドエディション
初回生産限定30本
2018年8月1日販売

URARA FOR HER

"Urara" - 麗 - means beautiful. A beautiful gift for your beautiful lady.

ワンチャーから今夏に発売する「しずく万年筆“うらら”」は、書き物好きな女性に向けて企画開発された「美しいデザインと軽やかな筆記」を備えているのです。注目点は、おおよそ1世紀ぶりに復活させた「ガラス・ニブ」を備えていることです。
当初より、「ガラス・ペンからガラス・ニブ」へのイメージ転換があり、ガラスニブ製造の技術が既に確立されていること、ガラスニブ万年筆が1920年代には既に様々なデザインで国内メーカーによる国内外向け商品として世界中に輸出販売もされていたこと、こうした状況を統合し新たな魅力をもったガラス・ニブ万年筆として創ったのが「しずく万年筆“うらら”」なのです。

For her hand

万年筆の軸/ボディ素材は、ワンチャーでは敢えてメタル製にこだわったのです。それは、女性が使うことに主眼を置いたからです。細く優美なフォルムを作りだし、軽量で丈夫でなければなりません。さらに「硬質で、それでいてしっとりした手触り感」を持たせることも求めたのです。これを可能にする素材が航空機用特殊合金だったのです。この素材は、軽くて丈夫で耐久性も高く理想的な素材ではあるのですが、加工が実に難しいのです。しかし、出来上がった「うらら」は求めていた控え目で優美な曲線が見事に作りだされていたのです。そのデザインは、女性の指に掛かる時その美しさを自然と感じさせるでしょう。

For her fashion

この色合いは塗装でもなく、プレート仕上げでもなく、実は真空蒸着という凝った手法が用いられているのです。この「真空蒸着」という技術は、数ナノメートルから数マイクロメートルの膜の形成に利用する高度な着色技術です。今回の「うらら」には非常に高度な技術と複雑な色合い調整が求められたのです。微妙な色の違いが自然に生まれて、1本1本個性のある色合いになり、同じ色合いのものは無いのです。日本から「世界に広まった園芸品種「紫陽花」の艶やかな「むらさき」が見事に万年筆を飾っていますよね。

When she writes

元々はニブだけがガラスで作られていた昭和初期には、様々な軸と組合されて「ガラス万年筆」として製品化され、これも世界中で販売されていたのです。今回のワンチャーの新ガラス万年筆のルーツは、この昭和初期のものが発想の源になっているのです。

When she carries

以前のガラス万年筆の良き伝統を受け継ぎながら、現代の精度の高いガラス加工技術で造られているのが、「うらら」のガラス・ニブなのです。その書き味は、硬めのタッチでありながらさらさらと紙上を滑り、スムーズなインクフローとともに書き物好きを納得さる見事な筆記を可能にしてくれるのです。

しずく万年筆
うらら

初回生産限定30本

¥30,000 ~ $300 USD

カラー:オリジナル「うらら」真空蒸着
ペン先:ガラスニブ
ペン先サイズ:中字ほど
充填機構:コンバーター&カートリッジ(ヨーロッパ規格)
長さ:(未使用時) 140 mm/ (使用時キャップなし) 119 mm
軸径:11 mm、最大径 12 mm
重さ:25 g

PRE-ORDER予約注文
セール

詳細を見る

売り切れ